移転しました。⇒「育児板拾い読み@2ch+」

<<高速度撮影の世界 | ホーム | 胸を見たいとか揉んでみたいって願望はないの?>>
今どんな本読んでますか
2010 / 02 / 24 ( Wed )
今どんな本読んでますか 3冊目
gimpo.2ch.net/test/read.cgi/cafe40/1241106158/l50

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/02(土) 21:51:34
「パラドックス13」 東野圭吾

寸評:今までの作品が良すぎたので、ちょっと物足りないかな・・・
 
 
7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/02(土) 23:08:17
毎年毎年GWは扁桃腺腫れて寝込むので、
熱が出る前に図書館で借りてきた本読んでる。
早川書房・世界SF全集31と21、これはフィリップ・ホセ・ファーマーが読みたくなって。
神林長平の「グッドラック~戦闘妖精雪風」、
あとフィリップ・K・ディックの短編集、「髑髏」と「人間狩り」。
まだJ・G・バラードもあるし、熱は出てるしわけわからん悪夢見そう。


8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/04(月) 11:34:19
尾崎放哉句集
この人の自由律俳句は本当におもしろいんだけど、
境遇と照らし合わせるといっそう趣が深い。


19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/22(金) 21:28:05
浅田次郎 「オー、マイ、ガァ!」

古本屋で何気に立ち読みしてみたら、すごく面白くて
即購入してイッキ読みしちゃいました。


20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/23(土) 09:37:14
「亡国のイージス」「終戦のローレライ」の福井晴敏の最新作。
「OP.ローズダスト」

ジェットコースター・ノーベルって感じ。


21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/27(水) 21:44:54
春樹新作『1Q84』読み始めた


22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/05/30(土) 01:37:10
>>21
お~、買ったんだ。自分は文庫本になるまで
気長に待ちますよ


28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/01(月) 22:47:51
「sokki!」

文庫本になりました。
W大卒ですが、もう泣けて泣けて・・・・


29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/01(月) 22:52:59
貴志祐介「新世界より」

友達が面白いと言ってた。ほんとに面白い。
同じ作者の「ISOLA」はそんな面白くなかったのにな。


30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/01(月) 23:01:51
1Q84読了
瑕疵なき長篇なし…とはいえ、新たな代表作になること間違いなしの出来。
これで完結とみたけど。


31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/09(火) 14:49:36
島田荘司『摩天楼の怪人』の文庫版。
都市論としても面白いし、人の虚栄にも思いは及ぶ…


33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/18(木) 07:52:12
山下洋輔の文字化け日記。
いまやすっかり名士のヨースケさんだけど、
懐かしい名前も随所に出てきます。
ホルストも元気でなにより。


35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/21(日) 20:52:06
テッド・チャン「あなたの人生の物語」ハヤカワ文庫SF

な、な、な、な、なんだこの世界観は・・・ってくらい面白い。
作者の頭の中はいったいどうなっているのか。


36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/06/21(日) 21:14:31
東野圭吾の「誰かが彼を殺した」
とても切なくて何度読み返してもいい!(・∀・)


54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/02(木) 12:32:51
海堂尊もそうだけど、現役医師の書く医療モノは面白い。


58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/08(水) 13:59:16
「エクソシストとの対話」島村菜津

バチカンのエクソシストを取材したノンフィクション
もう10年くらい前の本
いま、仕事サボって読んでる


59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/09(木) 19:06:21
「インターセックス」帚木蓬生 読了

人は男女以外の分類があることを知っただけでも読んだ価値があった。
再生医療・性差医療の話も考えさせられた。
医療もの続けて読むのはしんどいので、「おれは非常勤」東野圭吾


62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/17(金) 11:19:58
ブームに乗っかった訳ではないが
伊坂幸太郎「重力ピエロ」
軽いタッチなのに諸々被るところがあってちょっと泣けた。


69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/09(日) 22:17:27
「さまよう刃」東野圭吾
読み始めたら寝不足です


70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/10(月) 00:25:13
高村薫「太陽を曳く馬」

登場人物の会話の長さと内容の濃さ、宗教と人間の心の闇をテーマにした
重厚なストーリーはまさに高村女史の面目躍如といったところだ。


71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/11(火) 19:27:59
「さまよう刃」読了
長峰にあああああああああ
映画化すれば面白そうだと読後カバー外したら今秋映画化
長峰は寺尾聰か
500ページ自己最速読破


75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/14(金) 09:44:05
「孤高のメス 外科医 当麻鉄彦」第壱巻
この作品は、著者の実体験をもとに、
臓器移植法案成立(1997)以前の時代設定で書かれたフィクションです。
ただし一部の登場人物は実名のままにさせていただきました…
この前文と2010年初夏映画化の帯を見て買ってしまった。
全6巻長編しばらく楽しめそうだ。


83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/22(土) 07:04:31
「終末のフール」っての読んでる。
著者は伊坂って人。
本屋さんのランキングで1位、ただそれだけの理由でよみはじめた。
至るところに人の優しさを感じる物語に仕上がってる。
しかもお洒落な優しさ。ラブストとは程遠いんですが、作者のセンスが凄く感じる作品です


89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/22(土) 17:47:55
ロバート・R・マキャモンの「少年時代」
60年代アメリカ南部が舞台なのになぜか懐かしい気分。
頭の中で陽水の「少年時代」が流れまくりだが、違和感がなかった。


90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/22(土) 20:28:34
「シャドウ・ダイバー」
いやぁ読み応えがあったよ。朝から一気に読んだ。


97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/27(木) 08:49:04
ランダム講談社文庫だったか、吉行淳之介さんのエッセイ選集が出ている。
ちくま文庫からもエッセイ選集が出ていて、これらをしばらく前から繰り返し読んでいる。
「親類のおじさん」にひとり、こういう人がいてくれたら…などと思いつつ読む。
若いころ、遠藤周作さんや北杜夫さんのユーモア・エッセイはたくさん読み、吉行さんの
エッセイも何冊か面白く読んだのだが、今になって「ああ、買い漁っておけばよかったな」と思う。
今はどの文庫でもほぼ絶版であるようだ。

親類の寄り合いで「おじさん」と親しく話をしておけば…と
年を取ってから悔やむのに似ている。


118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/19(土) 07:43:36
>>97
亀ですまんが、嬉しいねぇ。久しぶりに聞いた名前だ。

おれも氏のエッセイが大好きで、そのくせ小説は苦手。
80年代初頭ぐらいまでは、角川文庫版がどこの本屋さん
でも見られたもんだが。
いまでもブクオフや古本屋の100均コーナーではときどき
見かけるけど、地方の人は入手しづらいかな。


114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/11(金) 17:24:26
ヒキタクニオの「凶気の桜」から「遠くて浅い海」まで五冊連続で読んだ 
スピード感があって面白い


115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/13(日) 01:54:31
まあ手は出さないだろうと思ってた京極夏彦「京極堂シリーズ」
通勤本が尽きて、同僚から1冊もらったのをきっかけに半年読み続けてる。

そろそろシリーズ最後に行き着くんで、次を探そうとこのスレに来てみた。


124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/23(水) 15:33:21
山田風太郎「人間臨終図鑑」

昔、この本のことを読んで(橋本治が書いていた)「面白そうだなあ」と思いつつ
20年近く未読でしたが、「文庫に入ってないか」と調べたら徳間文庫に入っていた。

古今東西の著名人の死のエピソードがぎっしりで、悲劇あり喜劇(?)あり、
淡々とした死、のた打ち回る死、美しい死に際あり見苦しい死に際あり。
なんか、引き込まれる。荒俣宏監修の同工異曲の本も角川文庫で最近読んだ。

いやあ、無意識のうちに「死期に備えて」準備してんのかな、俺、と思ったりw


132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 16:18:41
最近のSFは、悲しいかな、取っつき難いな。
SFファンの1押し…みたいなオビの本を読んで、何がどう面白いと言いたいの
か全く理解できなかったことがしばしば…

…こちらの老いを感じざるを得ない、というところも多々あるがw


135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/28(月) 21:30:31
いま何度目かの、フィルディックの「高い城の男」を読んでる。
第二次世界にアメリカが負けて、西海岸は日本が占領していて、
敗戦国アメリカ人が卑屈に生きているが、ひそかにアメリカが勝ったという
小説が出回っている。そのかすかな希望さえみじめに砕かれる。 
デックにしては、破綻があまりない小説だけど、まあこれはこれで楽しめる。


156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/09/30(水) 23:38:17
今読んでいるのは「零式水偵空戦記」

戦記物でも偵察機や飛行艇、海防艦の船団護衛などの話が好きで
戦艦大和や零戦のエースパイロットの話は読まない。

自分が実社会では表舞台の花形部署で活躍した事がないのでこういう話に
共感するのだと思う。


157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/10/01(木) 00:39:06
>>156
まぁ人それぞれ趣味があるから^^
折れは元搭乗員が著者の空戦記、特に海軍モノが好き。零式水偵空戦記も読んだYO
碇義朗氏や豊田穰氏のも何冊か読んだけど、やっぱり搭乗員が書いたのがいいかな
船団護衛の話とかは何かお薦めあります?因みに空戦記でお薦めは岩本徹三氏かな
世界に誇れる日本一の撃墜王だから食指が動かないだろうけど(笑)


201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/01(日) 23:59:30
読み中「人はなぜツール・ド・フランスに魅せられるのか」土肥志穂

ツールの基本の基本がわかりやすい。ちゃんと選手にもスポット当ててるし。
今年のツールで興味もってくれた人に回す予定。

次「面白南極料理人」西村淳を予定
重い本夏から続けて通勤本にしてたんで、しばらく軽いの続けたい感じ。


203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/02(月) 01:46:18
花村萬月 『イグナシオ』
花村の本は十冊ぐらい読んでるが、四番目に面白かった。 
最近の花村大人しすぎ! 

初期の頃みたいに愛と暴力とセックスと音楽って感じが大好きだった。


210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/04(水) 08:42:37
ローマの歴史 (中公文庫) I. モンタネッリ

おもしろ過ぎる
ま、ローマがどんどん堕ちていくのを見るのは辛いけど
我々日本人にとっても示唆に富む内容


235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/21(土) 23:32:07
重松だったら「疾走」だな。
主人公のあまりに壮絶な人生・・・・・

最近読んで良かったのは、天童荒太の「悼む人」。
この本は、ブック○フなどに売らないで蔵書決定です。
高村薫さん好きです。


243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/27(金) 13:33:28
マイケル・シェイボン 「ユダヤ警官同盟」
中東戦争に敗れ、エルサレムを逐われたユダヤ教徒300万人が暮らす、
アラスカのシトカ居留地が舞台、警官が主役の
改変歴史+ハードボイルド小説。

すげ~面白かった。
ラスト、飯も食わずに公園で読み切ってしまうくらい。


250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/11/28(土) 13:40:44
伊坂幸太郎 
一挙に読まずにはいられない文章力には感心する。
何度も繰り返して読むか?ということは別にして。


268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/08(火) 18:11:34
週刊文春のミステリーベスト10にランクインした国内海外の20冊を
1年かけてダラダラと読むのが楽しみなのだが、東野圭吾だけは読んでない。
読まず嫌いってわけでもないけど、何故か手がのびない。
やはり読まず嫌いなのかなぁ

今は『告白/湊かなえ』を読んでいる


274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/09(水) 18:43:21
遅ればせながら「 半落ち 」。
うんうんとうなづきたくなるような心理や場面は多々あったが、
目頭ウルウルを期待して読み始めたのに涙腺は固まったままだった。

舞台がW県という設定で、おまけに検察官が佐瀬銛男( 刺せ、銛を!)という
鯨漁を連想させる名前なのでてっきり和歌山県のことかと思っていたが、
そうではないらしい。


279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/10(木) 14:23:50
薔薇の名前、文庫化されればじっくり読み返したいんだけど出ないねぇ・・


282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/11(金) 21:56:31
藤田宣永の短編集「 金色の雨 」。

この年になるとホラーやバイオレンス物を読むだけのエネルギーも無いので
たまにはこんなのもいいかと思って読んでみたが、やっぱりチョト退屈。
この人、恋愛小説をたくさん書いているようだが、
個人的にはコンビニ探偵や相良治郎のシリーズのような
ハードボイルド風の作品の方が面白いような気がする。


289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/22(火) 18:46:12
「ウェブはバカと暇人のもの」
思わず本屋で手にとってしまった。まさに俺の日常だわw


290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/22(火) 23:11:52
10年ぐらい前に、インターネットはからっぽの洞窟ってのを読んだな
普通に生活してる人にとっては別に無くても困らないのは今も同じ


292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/12/27(日) 18:56:23
「現代萌衛星図鑑」
他の人たちの感想通り泣かされるとは思わなかった
正直舐めてました、スイマセン。


294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/05(火) 21:52:57
カーター・ディクスン『一角獣の殺人』
あまりに古典的なシチュエイションが感慨深い


295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/05(火) 21:55:33
万城目学
『ホルモー六景』 「長持ちの恋」が切ない。
マキメの本を読んでいると学生時代を思い出す。


300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/16(土) 15:13:49
「神様のカルテ」 夏川草介

本当にありそうな話で、重くなりそうだけど
実際はそうではなく、笑いながら泣いて完読しました。


306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/25(月) 00:05:07
「ハックルベリーフィンの冒険」

子供向けじゃなくて、マーク・トウェインのオリジナル。
児童虐待、殺人、人種差別、なんでもありの内容で
ビビッてます・・


318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/01/30(土) 21:12:01
「カッコウの卵は誰のもの」読了
流石東野すごすぎ


332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/02/18(木) 20:58:41
Story Seller 新潮社ストーリセラー編集部編 読了
面白い話、売ります。の表紙に偽りなし
「首折り男の周辺」伊坂幸太郎 「プロトンの中の孤独」近藤史恵
「ストーリーセラー」有川浩 「玉野五十鈴の誉れ」米澤穂信
「333のテッペン」佐藤友哉 「光の箱」道尾秀介 「ここじゃない場所」本多孝好

特に「ストーリーセラー」有川浩がよかったです

決断 警察小説競作 新潮社編 読み始めました



このミステリーがすごい!(2010年版)
関連記事
Permlink | 生活 | page top↑
| ホーム |

<<高速度撮影の世界 | ホーム | 胸を見たいとか揉んでみたいって願望はないの?>>

■2011年5月の人気記事
嫁がおっぱい番長過ぎて困る
結婚退職するとき俺に「鈍感」と言い放ち、コップの水をかけてきた
誰にでも優しいリア充まじすげえよ…
その日嫁は潰れた
みんなどうやって彼氏彼女になるんだ?
カップルが、大声で口ゲンカしながらホームにやってきた
5歳の娘と風呂に入った
本当に生だと思わなかった
人魚姫は最後に王子を殺せずに、海の泡になってしまうから良いのに
独身のときはガチで女友達1人しかいなかった
こいつと結婚したら、どんな生活するんだろう…
自分は一生男性とは縁がないんだろうなって諦めてた
05月Top50


アクセスランキング



ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ
■2011年5月の人気記事
嫁がおっぱい番長過ぎて困る
結婚退職するとき俺に「鈍感」と言い放ち、コップの水をかけてきた
誰にでも優しいリア充まじすげえよ…
その日嫁は潰れた
みんなどうやって彼氏彼女になるんだ?
カップルが、大声で口ゲンカしながらホームにやってきた
5歳の娘と風呂に入った
本当に生だと思わなかった
人魚姫は最後に王子を殺せずに、海の泡になってしまうから良いのに
独身のときはガチで女友達1人しかいなかった
こいつと結婚したら、どんな生活するんだろう…
自分は一生男性とは縁がないんだろうなって諦めてた


■2011年4月の人気記事
みんなどうやって彼氏彼女になるんだ?
10年前近所の人に8歳になる男の子を押しつけられた。
うちの嫁はベルギーから来てた留学生
リア充女子から「寄せ書き書かせて!」と卒業アルバムを奪われた
どうしました?って声をかけたら、安心したように泣かれた。
とにかくこの子は「辞めたい」という相談をするに違いないと思った
反対のおっぱいを旦那がつついてきた
嫁がくつろぎ始めたころを見計らって猫を利用して言ってみた
妹「スパイダーマンってさ、あの糸売った方が儲かるよね」
どこの彼氏だお前はwww
うちの嫁は事情があって親に誉められた事がない


■2011年3月の人気記事
すげーなイケメンの攻撃力って…
要求したら変態扱いされそうなのでグっと堪えてる
3年前に元カノが死んだ
( ゚д゚)( ゚д゚)( ゚д゚)( ゚д゚)( ゚д゚)( ゚д゚)←たぶん全員こんな顔してた
人間、こんなときに本性が表れるんだなーとしみじみ思った
新聞読んでた父が、いきなり
俺のクロッキーに「うまいやん」って声をかけてくれた
高校生の娘がいきなり泣き出した
おじさんの近くに座ってた小さい姉妹の会話が聞こえた
知的障害者の弟と地下鉄で出かけたときの話
ゴルゴ13とセックスしても、楽しくないんじゃないかと思う


■2011年2月の人気記事
彼に私のおっぱいを初めてブラの中から生で触らせてあげたとき
1年浪人してどうでしたか?
弟が結婚するんだが、経済的理由で披露宴はしないとか言った
ガラケー → スマフォに換えて後悔してること
急に私の手を股間に持って行って触らせながら
ほんと美人は、あっけらかーん、としてる
交通事故で片腕がない
中学の時の修学旅行で、自称霊感少女なクラスメイトと旅館で同室になった
自分が死ぬことより怖いことがあることを知った
隣に座ってた女子高生?女子大生?がこっちをガン見してた
姉が高1くらいの時に書いた、チラ裏的メモを見つけた
…いま、A先輩、ちょっと女の子っぽかったな…
職場の机が汚い奴は仕事ができない


■2011年1月の人気記事
あの瞬間、本気で相手を殺そうとしたことは間違いない
なんであんな恥ずかしいことしてたんだろう?@40代
なぜ彼以外の男性と二人で遊ぶのかが疑問
嫁はしばらく悩んで「ごめんなさい」と言った
ありえない位に気合の入った本気のおめかしをした彼女と再会
嫁が俺の下宿にナマコを調理しに来たのが馴れ初め
同族のオタクじゃないと結婚は無理、とネガティブに思い込んでいた
元喪のモテなさ加減なめんなよ
姐さんって感じのきつめの美人がぐったりしてた
娘の尻に埋もれて窒息死するところだった
やっぱりみんな初体験のときは相手に言った?
コミケ行くようなオタク趣味な女って
怒りで体が震えてきて『キレる』ってこういうことかと思った



2010年下半期の人気記事
2010年上半期の人気記事