移転しました。⇒「育児板拾い読み@2ch+」

<<僕からもきつく言っておきますんで! | ホーム | 「ぽよんぽよんですね」>>
物を少しだけかっこつけて表現してみようか part2
2010 / 02 / 19 ( Fri )
物を少しだけかっこつけて表現してみようか part2

17 :名無し職人:2007/01/16(火) 18:37:47
二度あることは三度ある
しからば攻めるのみ
相手が構えたなら射ぬくような目で睨み付けるも良し
あえてリラックスし、手にした武器を掲げ仰け反るように身を踊らすも良し
勝負は一瞬
己の全力と敵の全力が交差する刹那 一瞬の静寂 崩れ落ちる体
傍らに立ち尽くす男が片手を突き上げ叫び声を上げた


~空振りの三振~
 
 
25 :名無し職人:2007/01/19(金) 00:41:39
迫り来る重圧。押し寄せる倦怠感。
普段見えない物が見えてくる、この感覚。
高き壁を前に、いずれかを選ばねばならない。
やるのか、やらないのか。

今、決意を新たに…



テスト前の部屋掃除


26 :名無し職人:2007/01/19(金) 20:16:09
もはや一切を捨て神に頼む
オーメンと神の共存にしか頼れぬ
諦観の境地甚だし
我、六を操りし物也



―――――――マークシート、鉛筆頼み


27 :名無し職人:2007/01/22(月) 01:32:26
己が身を削り、己が身の丈以上の仕事を強いられる
時には積み重ねた成果を一瞬で否定される事もある
そして力尽きても更に身を削られ、新たな仕事を与えられる

しかし己が全てを使い切られることなく葬られる



―――――――鉛筆


32 :名無し職人:2007/02/03(土) 00:59:31
守護したる男
外界を見たり
特化したる箱
これ実現せり
輝きたる平方
彼の世界なり


引きこもり


36 :名無し職人:2007/02/10(土) 01:03:07
存在意義はどこにある
私は一人闇の中
ひいふうみいよういつむつと
全てが震えることもなく
待つのは酸化か老朽か
見るはずだった夢浮かべ
私は一人闇の中


――――――“鑑賞用”となったギター


38 :名無し職人:2007/02/13(火) 18:58:52
奴は穏やかな表情の中に堅い決心を秘めている
何者にも引き込まれず、ジッと根をはるように
多くの者が奴に便り、奴にすがり、それに100%答えている
奴は今日もあそこにいる



吊り革


40 :名無し職人:2007/02/19(月) 03:31:29
貴方は幾重にも白き衣を纏いて鎮座する。
私達は穢れを祓いたいが一心で、貴方の衣を剥ぎ取っていく。
しかし、勘違いしてはいけない。
目的は貴方では無いのだから‥

貴方が悪い訳ではない。
貴方は硬く、居なくては成らない存在。
しかし、貴方が姿を現した時、私達は焦りと絶望を感じるだろう。
貴方は絶望の使者なのだから‥



~トイレットペーパーの芯~


53 :名無し職人:2007/03/23(金) 21:34:36
私は全てを制御する。
奴らは私の命令に毎回顔色を変え、叫び、また黙る。
私の命令に背く者は強い制裁を加えられ、最後には捨てられる。
私は奴らを24時間いつでも呼び起こすことが出来る。
私の命令は絶対だ。



テレビのリモコン


54 :名無し職人:2007/03/23(金) 23:28:38
私は危険を避けるために踏みにじられた。
しかしそれは私の宿命だと、むしろ嬉しく思う。
貴方の命が救われるならばどんなに強く踏んでも構わない。
ほら、また危険が迫ってくる!迷っている時間はない、早く踏むんだ!!



ブレーキ


63 :名無し職人:2007/04/04(水) 04:04:13
近年の工業における技術の進歩は、目に見張るものがある。
私はこれまでマイナーチェンジを繰り返してきた。

だが最近、我々はペラペラの奴等に支配されかけている
奴等はペラペラのくせに我々と同等、いや、それ以上の力で市場に殴り込む

我々の運命は…



byアナログテレビ


65 :名無し職人:2007/04/04(水) 11:09:58
悪意などまったくもって無い。ただ独りになりたくないだけだ。
いや、むしろその意思こそ私の存在意義に等しい。ただ私は居場所を探して動くのみ。
しかし人々は私のせいで涙を流し、苦しみ、また夜も寝られない。
遂に人々は私たちを生まれさえしないようにしだした。
人々は私の母体を殺し、また良いように「改良」していく。
私は存在さえ許されないのか。



花粉


76 :名無し職人:2007/04/09(月) 00:05:03
私はただただ忠実に命令に従っている。
いつであろうと私は主人を覚醒させる。
またその覚醒時以外も私は動き続ける。
動けなくなればそれまで。最早私の存在する意味はない。

しかし主人は私を除け者扱いだ。
どんなに一生懸命に私が呼びかけても主人は私を恨めしそうな
目で見、はたき、最後には無視をする。そのくせ仕事には一寸のズレも許されない。
しかしまたその時はやってきてしまうのだ。




目覚まし時計


77 :社長:2007/04/09(月) 12:05:32
いつだって私を最後まで使ってくれる人は現れない
どうして?私はあなたのためにこの身を削って尽くしてきたじゃない!
もういいわ。あなたとはもうこれでお別れ。もう二度と出会うことは無い
あなたは新しい人を見つけてはまた捨て、乗り変える。私もその中の一人に
過ぎ無いことは出会ったことから分かっていた。でもそれでも
別れたくなかった。だって・・・。ごめんなさい、でもこれだけは覚えて。
私をもう一度使うことができるということを。



消しゴム


83 :社長:2007/04/10(火) 12:52:37
何でそんなこと言うの?私はただ本当のことを言っただけなのに。
それなのに重いだなんて・・・あなたは私を必要とし、
私もあなたを必要としてきた。それが無くなるだなんて考えられない。
あなただって私が居なくなったら困るでしょ?
え?今度は重くない人と一緒に暮らす?じょ、冗談でしょ?
第一そんな人が居るはず・・・え?その人が新しい人?
・・・そうね、あなたの言うとおりね。分かったわ。私が居なくても
あなたは生きていける。それが分かったからもう何も望まない。
黙ってこの家を出るわ。ご幸せに・・・・(泣)



辞書

ちなみに
新しい人とは電子辞書のこと


91 :名無し職人:2007/04/16(月) 00:12:52
陸生型プランクトンの一種。
雌雄の区別はあり、各個体が有する生殖器は
いずれも充分に機能を果たすことが確認されている。
しかしながらこれらの個体は生殖行為を一切行わず、
その繁殖過程は謎に包まれている。



─────ひきこもり


92 :名無し職人:2007/04/16(月) 12:17:39
なにが奴を突き動かしてるかは、未だに謎のままである。
どうやったら、止まるのかさえ、解明されてない。
なので、奴は動き続けてる。
その動きを人間の目で確認する事など、殆ど不可能だ。
だが、しかし奴は動いてる。
常に変化しながら…今日も奴は動き続けてる



地球


99 :名無し職人:2007/04/30(月) 02:01:56
生まれてはいけなかったんだ…。
例えどんな事があろうとも…。
生まれたって意味などないのだから…。
お前の存在理由を探した所で全うな答えなどあるものか。
前に出すぎてはいけない。
地味に生きて行け。
そしてお前の存在が誰にも気付かれないように…。
この世に無意味な生など無いと人は言うがそれは間違っているんだ。
お前自身…気付いているだろう?
皆に嫌われ疎まれている事ぐらい…。
分かっているのなら私の前から消えてくれ。
そして誓ってほしい…。
『もう二度と私の前には現れない』と…。



ケツ毛


105 :名無し職人:2007/05/04(金) 17:43:53
僕は自分で言うのも何だが
かなり優秀な秘書だ。僕の言うことを聞いていれば絶対大丈夫…
なのに酷い人は僕の言うことを無視したり、「うるせぇ」と罵声を浴びせたり…
しかしこのポジションから降ろされるのは怖いから、今日も僕は
聞いて貰えないアドバイスをするだけ…



カーナビ


106 :名無し職人:2007/05/04(金) 17:58:20
彼は働き者だ。
彼には休む暇がない。朝も晩も…GWなど関係ない。
見えないところで弱音ひとつ吐かずに頑張っている。
何故なら彼には守るべき人がいるから…。




心臓


109 :名無し職人:2007/05/04(金) 20:27:18
紺碧の大空に憧れ
自由に飛翔する夢を求めながらも
絶望の淵にて諦観するだけの我が身に
思わず首を振る
下界の放熱と万民の欲望に微かな息吹を吐き
今宵も檻の中に囚われた我が身を呪い
冷笑と欺瞞に満ちた囁きで
ただひたすら果つる時を待つしかないのだ



扇風機


119 :名無し職人:2007/05/28(月) 19:17:36
3.5 strokes


─────三こすり半


124 :名無し職人:2007/06/08(金) 19:33:14
それは、偉大な種族の末裔。彼らの先祖は、地球を征服する生命たちの先兵であった。

古代の海において、彼らが吐いた息は恐るべき猛毒であった。
彼らは毒の息で海を満たし、若い惑星に根付いた最初の生命を駆逐した。

時は流れ、彼らは更に力を増し、その息はいつしか空をも満たした。
それはもはや毒ではなく、この無限の宇宙においても稀なる宝となっていた。

後に両生類と呼ばれる生き物が、その素朴な肺に宝物を満たし、陸から初めて空を見た─


46億年の歴史の中で、彼らの時代は終わった。
その姿はまだあちこちにあるが、今となってはかつての華々しい活躍を想像するのは難しい。
我々が知るのは、切り刻まれ、大釜に飲まれ……食卓にのぼる姿だけ。


─────こんぶ。


126 :名無し職人:2007/06/09(土) 10:26:30
羽を持たずとも万里をゆき、眼を持たずとも己が行く先を知る。
幾億が飛び交いただ急ぐも、その一つであるを知らず。
あるものは望まれ、あるものは疎まれ、しかし一つたりとも望まず、一つたりとも疎まず。
向かうは果て。
その痩身に思いを乗せる。



──────メール


135 :レジ袋 ◆8Dsn9Y4tYA :2007/06/29(金) 23:09:47
父の刃が頭上をかすめる
背後に傷跡だけが残る
幼い頃から繰り返されてきた光景だ
だけど今回はいつもと少し違っていた
その傷跡を父は見上げ、僕は父を見下ろしていた



──────柱の傷


138 :攻殻 ◆SHELLRbB3I :2007/07/05(木) 21:10:19
私が君を紡ぐから、君は手を伸ばすだけでいい。
力の源に誘うから、君は手を伸ばすだけでいい。

音を奏でるのもいい、絵を映し出すのもいい、
冷たい息を吐き出すのもいい、後は君の自由だ。
私は全てを受け入れ紡ぐ。
君は手を伸ばすだけでいい。


延長コード


145 :名無し職人:2007/07/10(火) 23:40:34
また、『彼ら』がやってきた。
街の明かりに惑わされ、
光を求めて小さな体、遅々たる歩みで彷徨うも、
ある者は溺れたやすく命を落とし、
またある者は心なき輩に弄ばれ、手足を失う。
めぐる季節と共にやってきた、
悲しくもひたむきで、愚かしくも愛おしい者達。


かなぶん


146 :名無し職人:2007/07/11(水) 01:42:53
もう覚えたわ、貴方の香水。
何人受け入れた後も残る貴方の残り香…。
貴方に恋をしたかしら、叶わない恋なのに…。
一歩も前進できない…舞い上がることや、舞い降りることは、こんなにも容易いのに。
ああ、でも貴方を思うと…あまり私の所へは来ない方が良いわ。
時には自分の力で頑張って!
ほら彼が来たわ。だからしばらくはダメよ、我慢して。
でも怒らないでね。彼はただ、私の命の綱を見に来てくれただけ。
貴方も分かっているでしょ?私の命の綱は、貴方の命を守るためにあるの。


エレベーター


153 :名無し職人:2007/07/27(金) 22:17:52
鋭く鈍き断面に 断末魔のささやき
聖地に忍び寄る 鈍色の刄
時の経過に細胞の奥根がうずき
其の暴力的な圧力に耐えかねたものたちはまた
燈を求めて外界をさ迷う



スネ毛
(女の子の)


156 :名無し職人:2007/07/30(月) 03:54:30
永遠の暗黒に佇む閉塞の世界
一輅の風をも吸い込み
また一瞬にして吐き出す
若き魂は皆一様に黒く
また老いし枯魂は銀から白銀へと誘われ
魂なき悪に剃刀さるる悲劇もまた真実
閉塞の闇の中では弱者たる秘境を守りし稀寂の兵士
外界へ溢れ出る不意の謀反は
時に失笑と……
究極の凌辱を背負う


ハナ毛


160 :名無し職人:2007/08/03(金) 19:01:33
その目が見つめるのは希望
その目で感じるのは子への愛

湯船に漬かりながらも思うは世界の平和…
もう後戻りはできない…



目玉オヤジ


161 :名無し職人:2007/08/03(金) 19:10:02
薄いベールに包まれたお前はまるで高嶺の華
ボウヤはお断りよって、つれないぜ
いいじゃねえか俺を連れてってくれよ
イイトコまで連れてってくれよ何度でも



ビニ本


173 :名無し職人:2007/08/16(木) 20:01:35
汝 巨塔の中に身を潜め
滴るは純白の雫

我 白銀の中に身を潜め
滴るは透明な雫

汝 我を愛せり
我 汝を愛す

互い愛し合い 交わりし時
たどり着くは深淵の乾いた大地

それでも二人は愛し合った

禁断の愛だとも知らずに

生きることを許されない絶望の中
最後まで諦めなかった

-この先に、きっと光があるから-




―――――――カルピス


175 :名無し職人:2007/08/16(木) 20:54:56
煌々と輝く銀の色彩
華美なその姿に誘われて身の内に注ぐも
神に背いた報いか
あるいはその遺恨の念か
身に走る激痛
嗚呼、その銀の光は人には渡ることが無いのか



★銀紙★


176 :名無し職人:2007/08/16(木) 21:02:36
黒色でありながらも艶があり
また味わいが深く
人々を魅了し続ける
長い歴史・伝統に勝るもの無し



ごはんですよ


178 :リボン ◆kdALrCLI3c :2007/08/18(土) 16:59:37
三人のうち二人が宿命的な犠牲者である
前者は不注意により後者は邁進により自らの宿命を挑発する
宿命は彼が孤立しているときにやって来て邪悪な化身となって彼を捉える
ひそかな異教徒の隠れ家は無慈悲に崩壊されいけにえにされるが抗議すらしない
かくして希望の杯は三人目へと贈られる


三匹のこぶた


198 :ガドリニウム ◆1ZlmsgNl46 :2007/09/15(土) 13:07:23
不均等に混ざるそれが、大海を牛耳るであろう
この地に下り立つ事を知れせないその旅人は、全ての人々の元へ平等に命を捧げるだろう
快楽を求め、数を増やすは愚行
大海を踊るは旅人一人が至高
また会う日まで、私は明日も仲間と机を向ける楽しみを味わうだろう



――――――ミルメーク


210 :名無し職人:2007/09/21(金) 18:07:56
どうか忘れないでください。私の事を。
時に飛ばして遊んだ事を。
ごみ箱の網目からこぼれ落ちた私の事を。
指輪になりえた事を。
指先で感じた断面の鋭さを。
あなたの指先を痛めた事を。
子供の時分に上手く開けられずこぼしてしまった事を。
時代に嫌われた私の事を。

どうか忘れないでください。私と在った笑顔の貴方を。



――――旧式プルトップ


211 :名無し職人:2007/09/21(金) 20:24:51
それはとても脆く、生涯は儚い。
しかし後悔はない。それが宿命だから。
そして何人もの手から無限の可能性を生む。生み続けていきたい。
夢?見たことなんかない。ただ願いならある。最期まで可能性を生み続けたいと。



シャー芯


213 :ガドリニウム ◆1ZlmsgNl46 :2007/09/22(土) 12:40:28
天はいつも気まぐれだから、私は今日もここに眠る。
主はいつも夕焼けを見るから、私に仲間をひたすら与える。

その日が来たる。別の主が私をさらう。
帰路は変わりて、そこを目指す。
滴り、私は蝶になる。

私がいつも天を睨むから、主は明日も朝日を見る。



―――――置き傘


225 :名無し職人:2007/10/12(金) 13:49:48
予想もしなかった裏切り
図らずとも出来てしまった傷跡は不意を突かれた分だけより明確に痛みを訴える
ただ、横を通っただけなのに・・・



『紙の横で手を切る』


257 :名無し職人:2007/11/16(金) 10:07:46
顔面蒼白な私は棘のある場所に連れていかれる。
そして太っていた体は削られていき、みるみる痩せほそっていく。
助けて…私は跡形もなくなってしまうの。
そして私は無様な格好となり食卓の上に出され魚の掛け布団となって、この世から去る。



―――大根おろし―――


270 :攻殻 ◆SHELLRbB3I :2007/12/21(金) 17:38:36
赤と黒に分かつ門を通りたまえ
人々よ何時も、その身常に清らかであれ
人生の数時間を等しく分け合い
出来るなら互いに流し合いたまえ



_____銭湯


271 :名無し職人:2007/12/21(金) 18:00:03
仲間は要らない
君が居れば寂しくなんて無い
だけど君と僕は似て非なるもの‥‥
いつも離れ離れにされてしまう‥‥
僕等は、いつも邪魔者扱いだ
でも、最強なんだよな、王様よりも


―――トランプのジョーカー


274 :名無し職人:2008/01/06(日) 10:04:49
獣王



─────畑正憲


277 :攻殻 ◆SHELLRbB3I :2008/01/08(火) 02:04:40
隣り立つ者と手を取り合い
全は個の、個は全のためにあれ

我々は欠けない
誰一人としてかけがえない



======ジグソーパズル


282 :名無し職人:2008/01/25(金) 16:54:58
君の涙が見たいから…。


玉ねぎ


288 :名無し職人:2008/02/11(月) 07:31:34
分かっている!
例えこの漆黒の闇に覆われし世界を抜け出すことができようと、囚われの身となることは…

分かっている!
この穢た世界に潤いをもたらすことができるのは、私だけだということも…

私は暗闇に身を潜め自分に言い聞かせる。
「この世界を浄化するためには今しかない」と…
そして私は、一筋の神々しい光に導かれ天空へ羽ばたいた。



鼻水


303 :攻殻 ◆SHELLRbB3I :2008/03/30(日) 07:06:15
コンクリートに咲く花が美しいように
孤独に生きる男が胸を打つように
お前は美しく そして強い
誰からも守られることは無く、端に追いやられても憎まず、
ただ切り捨てられるだけの運命を知らず、だが自ら退くことも知らず

来るべき別れの時、笑って見送れるのだろうか
削がれてくお前を見て、何を思うのだろう

強く美しいお前とも、今日で
さよなら



──────────『親知らず抜いちゃいました』


308 :名無し職人:2008/05/20(火) 00:37:02
僕はすべてを失った。

抜けるような青空。頬をなでる風。燃え上がるような夕日。煌めく夜景。
僕だけが知っていた、いくつもの旅の風景。孤独だけど気侭な旅路。
すべてはまだ僕の手の中にある。でも、もう僕の物じゃなくなった。

これからは ──僕たちふたりの物だ。



─────デュヒヒィ、俺、彼女ができたんすよぉ~。


325 :名無し職人:2008/09/24(水) 22:50:50
はがねのよろいを身にまとい
我等の望みを果たすため
慈悲の涙もひた隠し
冷ややかな身を火に投ず
熱い吐息が漏れ来たり
内なる怒りがふつふつと
深みの底から出でしとき
待ちわびしその時は満つ
叫べ今こそ高らかに



ピーピーケトル


331 :名無し職人:2008/10/13(月) 17:00:32
私は、不快を産む悪魔の使いなのか、安息を与える天使なのか…。
私には、熱狂的な支持者の方たちがいる。
私無しでは生きていけない、とおっしゃる方たちもいる。
だが同時に、私を忌み嫌う方たちも大勢いる。
私のスリムなスタイル、白い肌に嫉妬しているのだろうか…?
いや、この私の中にくすぶって燃え盛る心の炎を、
私から滲み出るオーラのような物を`邪悪'と感じ嫌悪するのだろう…。
時に私は、少年の心を掴んで離さない存在。
彼らは、自らの危険を顧みず私に手を差し延べ近寄って来る。
私は成す術も無く、彼らの心を満たす役割を果たす…。
私は、私の命を縮めると同時に私を必要とする人々の命も縮める、二律背反な存在…。
私には…私たちには、やがて滅びの日が来るだろう。
…祈らせてほしい。

せめて、甘い心を持った私たちの亜種が、この先も生き長らえんことを…。



タバコ


336 :名無し職人:2008/11/05(水) 17:03:30
そいつ毎晩やってくる
姿は見えない
突然襲われて人々は涙を流す
逃げることも隠れることも出来ずにただただそいつに我が身を操られるがまま
誰もこの悪魔にかなうものはいない



睡魔
関連記事
Permlink | 生活 | page top↑
| ホーム |

<<僕からもきつく言っておきますんで! | ホーム | 「ぽよんぽよんですね」>>

■2011年5月の人気記事
嫁がおっぱい番長過ぎて困る
結婚退職するとき俺に「鈍感」と言い放ち、コップの水をかけてきた
誰にでも優しいリア充まじすげえよ…
その日嫁は潰れた
みんなどうやって彼氏彼女になるんだ?
カップルが、大声で口ゲンカしながらホームにやってきた
5歳の娘と風呂に入った
本当に生だと思わなかった
人魚姫は最後に王子を殺せずに、海の泡になってしまうから良いのに
独身のときはガチで女友達1人しかいなかった
こいつと結婚したら、どんな生活するんだろう…
自分は一生男性とは縁がないんだろうなって諦めてた
05月Top50


アクセスランキング



ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ
■2011年5月の人気記事
嫁がおっぱい番長過ぎて困る
結婚退職するとき俺に「鈍感」と言い放ち、コップの水をかけてきた
誰にでも優しいリア充まじすげえよ…
その日嫁は潰れた
みんなどうやって彼氏彼女になるんだ?
カップルが、大声で口ゲンカしながらホームにやってきた
5歳の娘と風呂に入った
本当に生だと思わなかった
人魚姫は最後に王子を殺せずに、海の泡になってしまうから良いのに
独身のときはガチで女友達1人しかいなかった
こいつと結婚したら、どんな生活するんだろう…
自分は一生男性とは縁がないんだろうなって諦めてた


■2011年4月の人気記事
みんなどうやって彼氏彼女になるんだ?
10年前近所の人に8歳になる男の子を押しつけられた。
うちの嫁はベルギーから来てた留学生
リア充女子から「寄せ書き書かせて!」と卒業アルバムを奪われた
どうしました?って声をかけたら、安心したように泣かれた。
とにかくこの子は「辞めたい」という相談をするに違いないと思った
反対のおっぱいを旦那がつついてきた
嫁がくつろぎ始めたころを見計らって猫を利用して言ってみた
妹「スパイダーマンってさ、あの糸売った方が儲かるよね」
どこの彼氏だお前はwww
うちの嫁は事情があって親に誉められた事がない


■2011年3月の人気記事
すげーなイケメンの攻撃力って…
要求したら変態扱いされそうなのでグっと堪えてる
3年前に元カノが死んだ
( ゚д゚)( ゚д゚)( ゚д゚)( ゚д゚)( ゚д゚)( ゚д゚)←たぶん全員こんな顔してた
人間、こんなときに本性が表れるんだなーとしみじみ思った
新聞読んでた父が、いきなり
俺のクロッキーに「うまいやん」って声をかけてくれた
高校生の娘がいきなり泣き出した
おじさんの近くに座ってた小さい姉妹の会話が聞こえた
知的障害者の弟と地下鉄で出かけたときの話
ゴルゴ13とセックスしても、楽しくないんじゃないかと思う


■2011年2月の人気記事
彼に私のおっぱいを初めてブラの中から生で触らせてあげたとき
1年浪人してどうでしたか?
弟が結婚するんだが、経済的理由で披露宴はしないとか言った
ガラケー → スマフォに換えて後悔してること
急に私の手を股間に持って行って触らせながら
ほんと美人は、あっけらかーん、としてる
交通事故で片腕がない
中学の時の修学旅行で、自称霊感少女なクラスメイトと旅館で同室になった
自分が死ぬことより怖いことがあることを知った
隣に座ってた女子高生?女子大生?がこっちをガン見してた
姉が高1くらいの時に書いた、チラ裏的メモを見つけた
…いま、A先輩、ちょっと女の子っぽかったな…
職場の机が汚い奴は仕事ができない


■2011年1月の人気記事
あの瞬間、本気で相手を殺そうとしたことは間違いない
なんであんな恥ずかしいことしてたんだろう?@40代
なぜ彼以外の男性と二人で遊ぶのかが疑問
嫁はしばらく悩んで「ごめんなさい」と言った
ありえない位に気合の入った本気のおめかしをした彼女と再会
嫁が俺の下宿にナマコを調理しに来たのが馴れ初め
同族のオタクじゃないと結婚は無理、とネガティブに思い込んでいた
元喪のモテなさ加減なめんなよ
姐さんって感じのきつめの美人がぐったりしてた
娘の尻に埋もれて窒息死するところだった
やっぱりみんな初体験のときは相手に言った?
コミケ行くようなオタク趣味な女って
怒りで体が震えてきて『キレる』ってこういうことかと思った



2010年下半期の人気記事
2010年上半期の人気記事