移転しました。⇒「育児板拾い読み@2ch+」

<<フローラルな香りを忘れない | ホーム | わたしは家出をした>>
婆ちゃんと猫
2009 / 07 / 16 ( Thu )
◇ 心霊ちょっといい話 ver.14 ◇
anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1231943568/l50

518 名前: 1/7 [sage] 投稿日: 2009/07/12(日) 05:55:00 ID:m1hBHwq8O

今から3年くらい前の話しなんだが…

当時俺は仕事の関係でけっこう田舎に住んでいた。
 
 
 
んで、まぁ田舎なもんだから遊びに行くとこもなく、休みの日は
カメラ片手に散歩ってのが定番だった。

その散歩コースの途中に婆ちゃんと一匹の猫が住んでる小さい家があった。

その猫がけっこう人懐っこくて、俺がその家の前を通ると
足下にじゃれついてくるんで俺もかまって遊んでた。

それがキッカケで婆ちゃんと話しをするようになり、散歩に出たときには
婆ちゃんトコでお茶を飲みながら話しをするよになった。


519 名前: 2/7 [sage] 投稿日: 2009/07/12(日) 05:57:05 ID:m1hBHwq8O
続き

そんなのんびりした日が日々が続いてたある日
いつものように散歩に出た俺はいつものように婆ちゃんトコに寄って
今日は何を話そうかなどと考えながらトコトコと歩いていた。

婆ちゃんの家の前に着たときにいつものように猫が出てきた来たのだが何時もと様子が違う。
何時もならば足下にじゃれついてくるのがその日は俺の顔をみるとすぐに家の中に引っ込んでしまった。

おや?っと思いはしたが、まぁいいかと思い直し婆ちゃん家の戸を開けて中に声をかけた。

「婆ちゃ~ん」



返事がない

「婆ちゃ~ん」



猫の鳴き声しか聞こえない。
この時嫌な予感がした俺は土間から家の中を覗き込んだ。


520 名前: 3/7 [sage] 投稿日: 2009/07/12(日) 05:58:00 ID:m1hBHwq8O
続き

…嫌な予感的中。
婆ちゃんが台所で倒れていた。

「婆ちゃん!!」

婆ちゃんに駆け寄り声をかけるが反応が無い。
猫も心配なのか婆ちゃんの周りをウロウロしながら鳴いている。
俺は急いで救急車を呼び、近所に声をかけて人を呼んだ。

そうこうしているうちに救急車がやってきて、俺と
近所に住んでる婆ちゃんの知り合いの人とが付き添いで一緒に救急車で病院に行った。

夕方になって近所の人が連絡してくれたのだろう、婆ちゃんの息子さんがやってきて、
ひとしきり挨拶を交わして俺は病院を後にした。

…その日の夜、婆ちゃんは亡くなった。
クモ膜下出血で俺が見つけた時にはもう手遅れだったそうだ。


521 名前: 4/7 [sage] 投稿日: 2009/07/12(日) 05:59:01 ID:m1hBHwq8O
続き

葬儀の日、婆ちゃんの家で準備をしていると、婆ちゃんのそばに猫がやってきて
婆ちゃんが寝ていると思ったのだろう。婆ちゃんの顔をペシペシ叩きながら鳴いていた。
その様子や鳴き声があまりにも悲しくその場の人々の涙を誘った。

「婆ちゃんはもう二度と目を覚まさないんだよ…婆ちゃんは死んじゃったんだよ」

そう声をかけて撫でてやると俺の顔をじぃっと見つめて「ミャア」と一声鳴いてどこかえ行ってしまった。

…その後猫の姿を見ることは誰も無かった


525 名前: 5/7 [sage] 投稿日: 2009/07/12(日) 08:08:07 ID:m1hBHwq8O

葬儀も終わり一段落ついた頃、俺は近所の人達と一緒にいなくなった猫を捜していた。
アチコチを捜してみたが何処にもいなかった。

ある日俺は夢を見た。

婆ちゃんの家の縁側で俺は婆ちゃんと一緒にお茶を飲みながら日向ぼっこをしている夢だった。
春の陽光がポカポカと暖かい縁側で俺達は無言で、しかしその静寂がとても心地良かった。
そのうちどこからともなく猫がやってきて、俺の膝の上に乗って丸くなった。
その猫の様を見て俺と婆ちゃんは顔を見合わせてクスクスと笑いあった。
とても心地良い時間が流れていった。

お茶を飲み終わり暫くしてから婆ちゃんが

「さて、わたしはそろそろ行くよ。お迎えが来たことだしね…」


526 名前: 6/7 [sage] 投稿日: 2009/07/12(日) 08:11:39 ID:m1hBHwq8O
続き

ふと前を見ると一人の青年が立っていて、こちらをニコニコしながら見ている。
その青年が俺の方を見て会釈をしたので俺も会釈をし、婆ちゃんの方を見た。
すると婆ちゃんはいなくなっていて、青年の方を見ると若い小柄な女性が立っていた。

俺にはなぜかその女性がすぐに婆ちゃんだとわかった。
そして迎えにきた青年がずっと前に亡くなった婆ちゃんの旦那さんだとわかった。

俺の膝の上で丸くなってた猫がムクリと起きあがって二人の足下に歩いていく。
二人と一匹が並んで頭を下げた。

「今まで話し相手になってくれてありがとうとても楽しかったよ」

「俺も楽しかったよ、婆ちゃん」

「じゃあ元気でね。身体に気をつけてね」

「うん、ありがとう。またな婆ちゃん」

「またね」

そう言って二人と一匹は霞の中に消えていった。


527 名前: 7/7 [sage] 投稿日: 2009/07/12(日) 08:23:53 ID:m1hBHwq8O

そこで目が覚めて起きた。
ああ、婆ちゃんと猫は一緒に向こうに行ったんだなとなぜか納得した。

後日、婆ちゃんの家の近所の人に話し聞くと
猫が婆ちゃんの家の庭の木の下で丸くなって死んでるのが見つかったそうだ。

そして俺が夢を見た日が婆ちゃんの49日だった。


あれから婆ちゃんと猫の夢は見ていない。
婆ちゃんと猫はあっちでも仲良く暮らしてると俺は思ってる。
関連記事
Permlink | 一レス:涙 | page top↑
| ホーム |

<<フローラルな香りを忘れない | ホーム | わたしは家出をした>>

■2011年5月の人気記事
嫁がおっぱい番長過ぎて困る
結婚退職するとき俺に「鈍感」と言い放ち、コップの水をかけてきた
誰にでも優しいリア充まじすげえよ…
その日嫁は潰れた
みんなどうやって彼氏彼女になるんだ?
カップルが、大声で口ゲンカしながらホームにやってきた
5歳の娘と風呂に入った
本当に生だと思わなかった
人魚姫は最後に王子を殺せずに、海の泡になってしまうから良いのに
独身のときはガチで女友達1人しかいなかった
こいつと結婚したら、どんな生活するんだろう…
自分は一生男性とは縁がないんだろうなって諦めてた
05月Top50


アクセスランキング



ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ
■2011年5月の人気記事
嫁がおっぱい番長過ぎて困る
結婚退職するとき俺に「鈍感」と言い放ち、コップの水をかけてきた
誰にでも優しいリア充まじすげえよ…
その日嫁は潰れた
みんなどうやって彼氏彼女になるんだ?
カップルが、大声で口ゲンカしながらホームにやってきた
5歳の娘と風呂に入った
本当に生だと思わなかった
人魚姫は最後に王子を殺せずに、海の泡になってしまうから良いのに
独身のときはガチで女友達1人しかいなかった
こいつと結婚したら、どんな生活するんだろう…
自分は一生男性とは縁がないんだろうなって諦めてた


■2011年4月の人気記事
みんなどうやって彼氏彼女になるんだ?
10年前近所の人に8歳になる男の子を押しつけられた。
うちの嫁はベルギーから来てた留学生
リア充女子から「寄せ書き書かせて!」と卒業アルバムを奪われた
どうしました?って声をかけたら、安心したように泣かれた。
とにかくこの子は「辞めたい」という相談をするに違いないと思った
反対のおっぱいを旦那がつついてきた
嫁がくつろぎ始めたころを見計らって猫を利用して言ってみた
妹「スパイダーマンってさ、あの糸売った方が儲かるよね」
どこの彼氏だお前はwww
うちの嫁は事情があって親に誉められた事がない


■2011年3月の人気記事
すげーなイケメンの攻撃力って…
要求したら変態扱いされそうなのでグっと堪えてる
3年前に元カノが死んだ
( ゚д゚)( ゚д゚)( ゚д゚)( ゚д゚)( ゚д゚)( ゚д゚)←たぶん全員こんな顔してた
人間、こんなときに本性が表れるんだなーとしみじみ思った
新聞読んでた父が、いきなり
俺のクロッキーに「うまいやん」って声をかけてくれた
高校生の娘がいきなり泣き出した
おじさんの近くに座ってた小さい姉妹の会話が聞こえた
知的障害者の弟と地下鉄で出かけたときの話
ゴルゴ13とセックスしても、楽しくないんじゃないかと思う


■2011年2月の人気記事
彼に私のおっぱいを初めてブラの中から生で触らせてあげたとき
1年浪人してどうでしたか?
弟が結婚するんだが、経済的理由で披露宴はしないとか言った
ガラケー → スマフォに換えて後悔してること
急に私の手を股間に持って行って触らせながら
ほんと美人は、あっけらかーん、としてる
交通事故で片腕がない
中学の時の修学旅行で、自称霊感少女なクラスメイトと旅館で同室になった
自分が死ぬことより怖いことがあることを知った
隣に座ってた女子高生?女子大生?がこっちをガン見してた
姉が高1くらいの時に書いた、チラ裏的メモを見つけた
…いま、A先輩、ちょっと女の子っぽかったな…
職場の机が汚い奴は仕事ができない


■2011年1月の人気記事
あの瞬間、本気で相手を殺そうとしたことは間違いない
なんであんな恥ずかしいことしてたんだろう?@40代
なぜ彼以外の男性と二人で遊ぶのかが疑問
嫁はしばらく悩んで「ごめんなさい」と言った
ありえない位に気合の入った本気のおめかしをした彼女と再会
嫁が俺の下宿にナマコを調理しに来たのが馴れ初め
同族のオタクじゃないと結婚は無理、とネガティブに思い込んでいた
元喪のモテなさ加減なめんなよ
姐さんって感じのきつめの美人がぐったりしてた
娘の尻に埋もれて窒息死するところだった
やっぱりみんな初体験のときは相手に言った?
コミケ行くようなオタク趣味な女って
怒りで体が震えてきて『キレる』ってこういうことかと思った



2010年下半期の人気記事
2010年上半期の人気記事